☆☆  この記事はあなたが水風呂に入っていられる時間で読めます  ☆☆

庭りか作 「いつか咲く花」

たまに時間のある時にLINE漫画を読んだりするのですが、
そこで衝撃的に面白い漫画に出会いました。

それが庭りかさん作の「いつか咲く花」です。

庭りかさんって聞いたことがなかったのですが、
どうやらレディースコミックによく連載をされているみたいです。
レディコミ界では有名な方なのでしょうか??


今回LINE漫画では、最初の3話が無料で読めるという事で、読んでしまったが最後引き込まれてしまい課金してしまいました。(笑)
そしてその後いてもたってもいられなくなり、本屋さんへ直行!!!

どうしても本を手元に全巻置いておきたい!!!という衝動にかられたのです。。

漫画自体は完結しているみたいなので、いつでも読み返せるように全巻大人買いをしようと本屋に向かったのですが、、、

庭りか、庭りか、庭りか、、、、、、、
ぶんか社、ぶんか社、ぶんか社、、、、、

自力で探そうと思っても無い!!!!

店員さんに「庭りかさんの、いつか咲く花を探しているのですがどこにあるでしょうか?」

と聞いてみると快く探してくれました。

しかし!!!5分ほど待っても、目の前の店員さんはパソコンとにらめっこしているまま、、

「お客さま、、、庭りかさんのいつか咲く花ですが、、多分これだと思うのですが、、、」

といって見せられたのがAmazonの画面。

「これをみてもらえればと思うのですが、おそらくキンドル版しかないのではないかと思われます」
との事!!!

マジかぁ~!!!!

全巻揃えたい衝動に駆られた漫画なんて久しぶりだったのに。。

庭りか作 いつか咲く花 は単行本は無いみたいです。

LINE漫画ではなく、1巻単位で読めるサイトを探すことにしました。

そこで見つけたRenta!に課金をし、全9巻を読む事には成功しました。

単行本1巻500円で買うとして、9巻で約5000円使う予定が、結局1,000円で済みましたが、

手元に残したいという衝動を消化できなかったのは残念でした。

是非単行本になってほしいです。

庭りかさん作 いつか咲く花  おススメです!!!

内容はネタバレしてもいけないので、どうしようかと思いましたが、

LINE漫画のあらすじを書いておきます。

貧乏ながらも家族3人で幸せに暮らしていた春音だったが、ある日、父親の大樹が借金苦に自殺。ところが、
その悲しみもいえぬうちに母親が再婚。しかもその相手とは、亡き父の親友・東雲一だった。「お金」に翻弄されながらもチカラ強く生きていく春音の成長ストーリー。

こんな感じです。

今ならLINE漫画で無料で読めるので、みなさん是非試し読みしてみてください。

庭りかさんについて調べてみました。

「名古屋生まれ。福山在住。納期に追われる内職。成人済み。」

これがご本人のツイッターに書いてある紹介文です。

なんと名古屋生まれ!!!これまた一気に親近感が湧きました。

ただ、現在は広島県に住んでいるとの事。

庭りかさん年齢は、調べても出てこないですねぇ。

LINE漫画での紹介文曰く、レディースコミック界でカリスマ的な人気を誇るとのことですが、
庭りかさんの情報をあまり公にはでていないみたいです。

庭りかの作品たち

いつか咲く花

以外には、

・死んでほしい身内

・はした金で売られた女

・花を咲かそう

・母を乞う人

などがあるみたいです。

昼ドラにありそうな漫画ばかりですね。(笑)

主婦が昼ドラにはまる理由がわかったような気がします。

ちなみに『はした金で売られた女』はいつか咲く花に出てくる藤原さんが主人公になっています。

読みだしたら止まらなくなる庭りか作品を是非みなさんにも読んで頂きたいです。