☆☆  この記事はどん兵衛を食べきる時間で読めます  ☆☆

突然目が見え無くなったらあなたはどうしますか??

突然のタイトルでの問題提起でしたが、

私は、突然明日視力を失うことになってしまたったら、

恐怖で一歩も歩けなくなってしまうのかもしれません

なんでこのような事を考えたかというと、

昨日見ていたユーチューブで、頭の片隅に残る言葉があったからです!!

『目はむき出しの臓器だぞ!!!』

という芸人のツッコみです。

確かに、目って結構無防備にしてますけど、損傷したら致命的ですよね。

今、実際に目をつぶって、何も障害物が無いとわかっていてる場所をまっすぐ歩けと言われても、かなり恐る恐るになってしまうはずです。

目が見えることが当たり前の状況でふと思ったんです。

「いきなり目が見えなくなってしまったらどうしよう」

誰もがみんな、五体満足でいられるに越したことはないのですが、
自分がならなくても、今後自分の周りの誰かがそうなってしまう事も考えられますよね。。

エピテーゼという選択肢

そこで、、色々と調べて普段じゃ接することのない情報を目にしました。

その中で今回凄いなと思い興味をもったのが、

「エピテーゼ」

という分野です。

エピテーゼという言葉は今まで生活する中で聞く機会が無く、
知りませんでした。

エピテーゼとは事故、病気、火傷などの要因により身体に欠損部が発生した場合に、従来の医療技術では回復が期待できない失われた身体部分に対して、医療用シリコンを使用した人工物によって代替修復する人工ボディパーツの総称です。

という事です。

色々とエピテーゼについて調べていくと、昨今かなり製作の技術があがってきているみたいです。

通常の生活で道ですれ違うぐらいの距離間では、エピテーゼを装着しているとわからないのではないかと思うぐらいの出来映えだそうです。

目以外にも、指だったり、鼻、耳、人工乳房などがあったりして。製作技術 の高さに驚かされました。

少しでも多くの人に知ってもらいたい

 

今までに耳にすることのない業界の技術だったので、
少しでも多くの人に知って貰えればと思いました。

エピテーゼは身体の機能を補うのではなく、
見た目をカバーするものになるので、保険適用外になるみたいです。

ただ、病気やケガや事故で身体の一部を失ってしまった方が、
日常生活でココロを痛めてしまう原因のひとつに、周りからの奇異なものをみるかのような目があるみたいです。

そういった、周りの目から守ることにもエピテーゼは一役買っているみたいなんです。

しかし、患者さんのケガ等の状況が個人個人で違うため、製作者にかなりの技術力がいるということで、
金額自体は決して安くないようです。

出来れば保険の適用が出来るようになると良いですね。

また、世間でエピテーゼ製作という仕事が認知されていない事などから、
製作者が少ないということだったので、この記事を読んで興味をもたれたことがきっかけで、
製作者になる方が1人でも増える事になれば良いなと思います。

芸大出身の方や歯科系の大学に行かれている方、映像関係の特殊メイク関係の方などがエピテーゼの仕事に就かれることが多いみたいです。

ケガや事故後に身体の一部を失い、落ち込んでしまうと思いますが、

エピテーゼという選択肢があるという事をより多くの方に知ってもらう為にもみなさんに広めて頂ければと思いました。

宜しくお願いします。

ブログ王ランキングに参加中!