☆☆  この記事はたこ焼きを8個食べ終わる時間で読めます  ☆☆

交通事故にあった場合、まずは病院に行く事を進められることが多い。

それはなぜだろうか、疑問に思ったことってないですか?

ちょっと前まで私は、自賠責保険を請求する時に医師の診断書が無いと保険会社ともめてしまうからかな???と思っていた。医師が診断書を書いてくれた部位以外が後日痛くなって、接骨院に通いだしてもその分の治療費は保険会社は相手にしてくれない。というイメージが強くあります。

整形外科に行って、診断書をもらってから整骨院・接骨院に通うのか、整形外科で治療を受け続けるのか決める、という流れが絶対だとも思っていました。

このように思っている方は多いのではないでしょうか?

また、警察に事故処理をしてもらう際に、『病院で診断書を取得してきてください』と言われたことがある人も多いと思います。ケガをしている場合、その診断書を提出して人身事故の処理をしてもらうという流れが絶対だと思っていました。



実は違った??

しかし、どうやら整骨院・接骨院(柔道整復師の資格を持っているところ)であれば診断書を出せるみたいです。そして、それを警察や保険会社は、医師の診断書と同じ扱いで取り扱いをしていくという判例もでているみたいなんです。

保険会社や警察の担当者によっては、柔道整復師の診断書に対して怪訝な表情を浮かべ頑なに、病院以外の診断書は受理しないという事を言ってくるかもしれません。。。

しかし、協同組合日本接骨師会の取り組みにより整骨院・接骨院での施術が、『広義の医療行為であり』、その業務は『部分医業』であると認知が広がってきているみたいです。

例えばこんな感じ

そうなってくる最初に書いた認識からだいぶ変わってくる感じですよね。

ただ、これって整骨院の先生の考え方や、保険会社との付き合いかたのスタンスにもよりますね。

保険会社、整形外科、整骨院、といういろんな業種がまじってくるのでめんどくさくて複雑なやり取りになってしまうんですね。
保険会社とどの程度熱量をもってやり取りしてくれる先生なのかどうかというところが大事になってきそうです。。

保険会社と煩わしいやり取りをしたくないから、まずは病院で診断書をもらってきて!っていう接骨院・整骨院の先生もいる事かと思います。

ただ、問題なのは整骨院や接骨院にレントゲンやCTやMRIは無いんですよね。、精密検査を受ける事は大事だと思います。

その時は痛みが無くても後日痛みが出てくるというのは良く聞く話ですもんね。自分の事故の状況に合わせて通い先を決めていきたいものです。

整形外科でレントゲンを受けた結果、骨折と判断されず、湿布を貼ってしばらく治療を受けていた方が、どうしても痛みがあるので再度レントゲンをしてほしいと訴えたが拒否をされてしまい、接骨院で骨折のの疑いありの診断を受けたケースもあるみたいです。。

自分の身体の不調はやっぱり自分自身が一番わかると思います。

何か違和感があるなら納得いくまで検査、治療を受けたいですよね!!!

しかも、交通事故の被害者という立場ならなおさらだと思います。

今回は、接骨院・整骨院でも診断書を出せれる!!!らしい。
ということお伝えしたくてこれを書きました。。

何かの時に役に立ってもらえると幸いです。。